AR VR

『MIKU LAND 2021 SUMMER VACATION』イベントは大盛況のうちに閉幕

『MIKU LAND 2021 ~SUMMER VACATION~』イベント終了

初音ミク公式のVRワールド第4弾『MIKU LAND 2021 ~SUMMER VACATION~』は、バーチャルキャスト内で5日間にわたり開催し大盛況のうちに閉幕しました。また公式アフターレポートも到着、同イベントの模様を画像とともにお届けします。

『MIKU LAND 2021 SUMMER VACATION』イベントレポート

夏祭りの象徴で彩られたミクランドゲート前広場

4回目を迎えた今回の『MIKU LAND 2021 ~SUMMER VACATION~』は、コロナ禍でも夏の雰囲気を最大限に楽しめる新エリアや催しが多数登場し多くの来場者を魅了しました。

イベント初日の開会式では、出演者やスペシャルゲストが次々と登場。開会宣言時の中継画面は「88888888888」の弾幕で埋め尽くされ、高い熱気に包まれてイベント開始となりました。

VRで「密」な夏祭りが体験可能に!ミクファンに嬉しいVRグッズ配布も実施

VR盆踊り大会「ミク夏音頭」

入場後に先ず目を引くのは巨大やぐら、和太鼓、屋台や協賛提灯など夏祭りの象徴で彩られたゲート前広場。

ここではVR盆踊り大会「ミク夏音頭」を期間中に複数回開催し、来場者はテーマソング『われらはハレ(作詞作曲:いよわ)』に合わせてピアプロキャラクター達と一緒に輪踊りで盛り上がりました。

コラボカー第4弾「ミクTAFT」

また協賛企画として「ソニー×初音ミク」コラボヘッドホン「WH-1000XM4/MK」や「DBC×初音ミク」コラボカー第4弾「ミクTAFT」などを再現したバーチャルアイテムの無料配布も実施しました。

夏の風物詩の海水浴や肝試しを満喫できる有料エリアが登場!

VR海水浴

VR肝試し

今回初となる有料エリアでは、来場者がラビット・ユキネをモチーフにした潜水艦で「マーメイドステージ」を一周するライド・アトラクションを楽しんだり、VRならではの海水浴やお化け屋敷で肝試しに挑戦など終始賑わいを見せました。

今回も満員御礼!初音ミク×東雲めぐのアコースティックライブ

初音ミク×東雲めぐ-アコースティックLIVE-

完売御礼となったVRミニライブ「初音ミク×東雲めぐ-アコースティックLIVE-」では、初音ミクと東雲めぐが観客の目の前で臨場感溢れるパフォーマンスを披露しました。

新エリア「マーメイドステージ」が舞台となり、テーマ曲『Happy Coaster(作詞作曲:emon(Tes.)氏)』、東雲めぐのオリジナルソング『祝福(作詞作曲:しばぱぱ)』や『Happy Free!(作詞作曲:アヅキ)』に加え、『満開ダイビング(作詞作曲:まらしぃ)』の4曲をつなぎオーディエンスは熱気に包まれました。

ミクやアイドル達と直接会えるキャラクターグリーティング

『MIKU LAND』キャラクターグリーティング

『MIKU LAND』大人気企画のキャラクターグリーティングは2会場で実施しました。来場者は直接触れ合ってお話しをしたり、写真を一緒に撮るなどVRならではの交流を楽しむことができました。

また抽選形式となったQuest版グリーティング会場では、参加者全員での記念撮影などの催しも行われました。

GEMS COMPANYファン必見の特設ショップ

GEMS COMPANY別館 -デジタルフィギュアショップ

「GEMS COMPANY別館 -デジタルフィギュアショップ」では、「小瀬戸らむ」を加えたメンバー全員の等身大デジタルフィギュアを特別販売。ショップ内は、GEMS COMPANYの魅力を凝縮した空間となっており多くのファンで賑わいました。

『MIKU LAND』振り返り展示会を公式ルームで期間限定開催!

MIKU LAND 2021 SUMMER VACATION メモリアルルーム

「バーチャルキャスト公式ルーム」では、今回登場した多種多様な商品アイテムを「MIKU LAND 2021 SUMMER VACATION メモリアルルーム」のフォトコンテスト展示会場をそのままの姿で公開。振り返り展示会は期間限定で実施します。

『MIKU LAND』を締めくくるクラブイベント「ボカコレVRナイト」初音ミク本人の登場で視聴者も大熱狂!

イベント最終日(8月31日)は、VR空間上のクラブハウスでボカロ楽曲がノンストップで流れるVRイベント「ボカコレVRナイト」を開催。DJ TAMUプロデュースのDJMIX、VJ chaosgrooveによる映像演出、そしてゲストDJのパフォーマンスで視聴者は大いに盛り上がりました。

DJ 1組目:星菜日向夏、水科葵

DJ 1組目:星菜日向夏、水科葵

初音ミクの誕生日記念生放送となる今回は、ニコニコ動画でもっとも再生されている楽曲『千本桜』からスタート。流れるようにwowakaの『裏表ラバーズ』やsasakure.UKの『タイガーランペイジ』などの往年の名曲に移行した。

その後は「The VOCALOID Collection」で投稿された注目楽曲や#コンパスの挿入歌『キレキャリオン』、プロジェクトセカイの挿入歌『トンデモワンダーズ』など近年の有名曲も挟み、最後は『ワールズエンド・ダンスホール』で幕を閉じました。

DJ 2組目:東雲めぐ、ラビット・ユキネ

DJ 2組目:東雲めぐ、ラビット・ユキネ

大の初音ミク好きを公言する「東雲めぐ」と「ラビット・ユキネ」が登場したこのパートでは、いきなり「マジカルミライ2018」のテーマ曲『グリーンライツ・セレナーデ』からスタート。第1回のパレードで採用された『テオ』や爆発的ヒットとなった『テレキャスタービーボーイ』へと繋げコメントは大盛り上がり。

その後、いよわの『IMAWANOKIWA』からyuigotの『夢をみる島』など新進気鋭の作家によるゆったりとした音楽が続きクールダウン。『Shakeit』でふたたびコメントのボルテージは一気に上昇し、締めの『ダブルラリアット』ではラビット・ユキネがサビに合わせて回転するなど、リアルタイムらしいパフォーマンスでコメントを沸かせました。

DJ 3組目:ときのそら、ミクダヨー

DJ 3組目:ときのそら、ミクダヨー

ホロライブ所属のバーチャルアイドル「ときのそら」と「ミクダヨー」の異色コンビに”ソラダヨー”などのコメントが流れる中、まずは『恋愛裁判』からスタート。

その後『メランコリック』や『サンドリヨン』など、ボカロ好きのときのそらが「歌ってみた」でカバーした曲が続き”ニコ厨にささるセトリ”などのコメントが飛び交いました。

放送当日にふさわしい曲として『8月31日』が流れると、今度は誕生日を迎えた初音ミク本人が登場。”本人!?”などと視聴者が驚愕する中、8時31分ジャストに「メルト」を披露し、ミクの誕生日にふさわしい一幕となりました。

ラストパートは出演者全員で『MIKU LAND』曲メドレーでイベントを振り返り、締めは初音ミクの原点ともいえる名曲『みくみくにしてあげる【してやんよ】』で有終の美を飾りました。

関連記事
「MIKU LAND 2021 SUMMER VACATION」体験レポ
初音ミクと一緒に夏祭りを楽しもう「MIKU LAND 2021 SUMMER VACATION」体験レポ
  • この記事を書いた人
blank

VRさんぽ編集部

散歩サイト「VRさんぽ」。旅行以外にもVR、AR、VTuberなど幅広く配信中!

-AR, VR
-, , ,

Copyright © VRさんぽ , All Rights Reserved.