散歩・旅行

半値市で買いたい!築地のお土産 Best10

年に一度開催される東京都築地の大イベント「築地場外市場春まつり 半値市」。今年も多くの店舗が参加し、あれもこれも半額とかなりお買い得となっている。そこで、半値市で買いたい築地のお土産を10点厳選しました。現地で悩んでる方々、注目ですぞ!

 

ド定番の マグロ

よくメディアで冷凍マグロが滑って来るシーンを見たことはありませんか?国内の大規模なマグロ市場といえば築地が有名です。また半値市でも美味しいマグロが数多く安くなっているだ。

例えば、希少部位の「マグロのかま」。店舗に寄って価格は異なるが、最安値100円で買えるのはかなりお得です。店舗によっては調理された「かま焼き」など販売されているので、予算があるならそちらでも構わない。ただどちらも販売予定数が少ないので、売り切れに注意!

店舗情報 by2018

  • 築地喜代村まぐろ2号店
  • フイッシュマーケット
  • まぐろ店 他多数

 

朝食の主役 鮭

マグロがあまり好きじゃない人は、鮭なんてどうでしょうか。いや鮭なんてスーパーで買えるじゃん!と思うかもしれませんが、珍しいのも売っているのですよ。例えば、2018年なら「天然鮭を食べくらべ」セットなんていかがかな。超辛紅鮭・村上塩引鮭・時鮭の3点で550円とワンコインちょっとで買える。販売予定数は100セットなので、大混雑してなければ買えると思います。

店舗情報 by2018


鮭の店 昭和食品

 

ご飯のお供に 佃煮

最近暑い日が続いてますので、生ものを買った後長時間散策すると商品が傷む恐れがある。そこで日持ちする佃煮をお土産に選ぶのはどうでしょう。瓶・袋詰めであれば、買った後も長く保存できますよ。ちなみに私のオススメは「ちりめんくるみ」です。

店舗情報 by2018

  • 鳩屋海苔店
  • 諏訪商店
  • 銚子屋商店 他多数

 

築地といえばコレよ 厚焼き玉子

築地の大人気商品!甘くてふわふわの玉子焼き。ご飯のおかずでもそのままでもイケる。私も築地に行くなら、玉子焼きは必ず買いますね。2018年の半値市でも玉子焼きは対象商品となっているが、中でも注目の店舗は「丸武」ですね。あの有名なテリー伊藤さんの実家です。80年以上も営業している老舗の厚焼き玉子専門店。販売予定数は500本!今年もすごい量だ。

店舗情報 by2018

  • 丸武
  • 玉友商店
  • つきぢ松露  他多数

 

新感覚 元祖ふりかけとろろ

羅臼(らうす)産昆布を使用したふりかけタイプのとろろ。バラエティ番組「王様のブランチ」で2014年頃にこの商品が紹介された。ご飯・お吸い物などに使え、賞味期限も長くとても便利。半値市では2個で540円となる。

店舗情報 by2018


江戸屋海産椎名

 

ちょっぴり贅沢 ふぐ焼き

高級魚「ふぐ」もこの機会に味わってはいかがかな。半値市の阿部水産では、ふぐ焼き(42g1尾)が50円とかなり安い。2尾で100円・・・3尾で150円・・・oh、大人買いしたい。販売予定数は100尾なので、食べたい方はお早めに!

店舗情報 by2018


阿部水産

 

食事をするなら 復活カレーうどん

ネーミングセンスに惹かれてしまいしました。笑

半値市では1食400円と500円以下で食べれます。販売予定数は300食。

店舗情報 by2018


築地虎杖裏(昼から)

 

食べ歩きに1本いかがかな 鯨カツ

鯨料理を堪能できる鯨料理専門店「鯨の登美粋」。2018年の半値市では、鯨カツが1本100円となっている。タレをたっぷりつけて、かぶりつくといい。販売予定数は50本まで。食べ歩きにオススメ!

店舗情報 by2018


鯨の登美粋

 

築地グロッケ コロッケ?いいえグロッケです

コロッケ?いいえグロッケです!築地の新鮮なマグロをたっぷりと使ったまぐろメンチが「築地グロッケ」です。口コミも好評でかなりジューシーな仕上がりとなっている。半値市では5個セット500円で100個までとなる。

店舗情報 by2018


築地 ホクエイ 1号店

 

当たりかハズレか運次第 福袋

ここまで様々なお土産を紹介しましたが、まだ決まらないそこの君!福袋(詰め合わせ)を買いなさい。練り物・乾物などのポピュラーな物から
「お楽しみ袋」なんてのもある。福袋(詰め合わせ)の有無は店舗によって異なる為、事前に調べることをオススメする。

 

今回紹介した場所

名称 築地場外市場春まつり 半値市
住所 〒104-0045 東京都中央区築地5丁目2−1
開催期間 2018年5月12日午前9時〜

Source:築地半値市
Photo:AC
編集:霞 与太

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

-散歩・旅行
-, ,

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.