旅行・お出かけ

映画館の種類を学ぼう!最新の4Dやシネコンなどの豆知識まで

映画館の種類

皆さんは映画館をご存知でしょうか?

霞 与太
いやお前さん、なに当たり前のこと言っとるんだ。

っとツッコミは無しです。近年、映画館もどんどん変わっています。例えば3D映画から時代を超えて現在は4Dが誕生しました。また劇場によっては音声にこだわっていたりと様々な工夫がされています。今回は”そんな映画館について様々な種類”を紹介していきます。

現在の映画館とは?

シネマコンプレックス(シネコン)とは?

現在、日本各地の主流となる映画館はシネマコンプレックス(シネコン)である。

シネコンとは、同じ施設に複数のスクリーンを置いて様々な作品を上映する大型映画館。複合映画館とも呼ばれる。また対照的に、その劇場でしか上映していない映画を取り扱う小規模の映画館「ミニシアター」もあることも覚えておこう。

スクリーンの違い

2Dの特徴

2Dの特徴は、映像や画像が平面であること。映画館で例えるなら、皆さんがよく行く一般的な映画館と認識してもらえばOKです。

3Dの特徴

3Dの特徴は、2Dと比べ映像や画像が立体的であること。映画館では3Dメガネを装着して上映作品をを楽しみます。近年では4Dが主流になり放映箇所は減少しています。

4Dの特徴

4Dは、映像以外でリアルな演出を体験できるのが特徴です。視覚だけでなく匂いや振動など様々な演出ギミックを、映画のシーンに連動しながら表現します。3Dのような立体映像とは異なり、どちらかと言えばアトラクションに近い感じです。

 

映画館の種類

IMAX

IMAX(アイマックス)では、4Kレーザー投影システム(IMAXレーザー)により鮮やかで明るい映像を体験できます。

音響は臨場感溢れるよう12chのサウンドシステムを導入。導入されている映画館は、TOHOシネマズ、109シネマズ、シネマサンシャイン、ユナイテッド・シネマ、イオンシネマなどの一部劇場のみ。

 

ScreenX

blank

ScreenX(スクリーン エックス)は、世界初のマルチプロジェクション没入型映画プラットフォームです。

その特徴は、正面以外にも側面にスクリーンが拡大して270度の視聴体験が出来るところ。導入されている映画館は、TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ、シネマサンシャイン、109シネマズの一部劇場となる。

 

Dolby Cinema

Dolby Cinema(ドルビーシネマ)は、2つのシステムにより鮮やかでリアルな映画を楽しめます。

映像技術「ドルビービジョン」により、鮮明で広範囲にハイダイナミックレンジ映像をスクリーンに映す。音響は天井スピーカーなど導入した最新技術「ドルビーアトモス」により、迫力のある音声を作り出す。MOVIXの一部劇場または丸の内ピカデリーで視聴できます。

 

4DX

blank

さらにリアルな映画体験を!映画のシーンに合わせて、座席稼働や環境演出が体感できる「4DX」。開発はCJ 4DPLEX社。

導入されている映画館はコロナワールド、シネマサンシャイン、ユナイテッド・シネマ、109シネマズ、イオンシネマ、USシネマ、アースシネマズ姫路、フォーラムシネマネットワークの一部劇場となる。

特殊効果:例


  • 映画シーンによって、座席が前後上下左右へ動いたり、雪や嵐などの環境も演出。
  • 環境演出は、座席の背面から熱風が吹いたり、シーンに合わせて雪を舞い降らす。
  • またバブル演出は、リアルな泡がシアター内に降り注ぐ。

 

MX4D

MediaMation社によって開発された「アトラクション型4Dシアター」。

先ほど紹介した「4DX」とは特殊効果が少し異なり、首元を触るや5色のストロボ発光などが体験できるのが特徴です。映画のシーンによって、シートや劇場内から匂いや振動に水しぶきなどの11種類の特殊効果を体験できる。導入されている映画館は、TOHOシネマズの一部劇場のみ。

特殊効果:例


  • 背中や首、足元を触る(突っつく)
  • 地響きからシートの突き上げも有り
  • そよ風から水しぶき、または香りも噴射
  • シーンによって、5色の発光や霧も演出

 

野外シアター

続いては外で楽しめるシネマイベント「野外映画館」です。

カップル層から家族連れの方まで人気があり、日本国内の各地で開催されています。イベントにもよりますが食事が出来る場所もあり、空腹時でも気軽に行けるのが良いところです。ただし、冬の寒い時期になるとイベント開催が少なくなります。

関連記事
野外シネマのイベント最新情報
屋外で映画が楽しめる!野外シネマまとめ【2022年版】

 

ドライブ・イン・シアター

野外映画館と同じく人気なのが「ドライブ・イン・シアター」です。

アメリカ発祥のイベントで車に乗ったまま映画を楽しめます。コロナ禍で”人の密を避けられて楽しめる”とのことで国内でもイベントが増えてきています。主に各地の駐車場で開催され、巨大スクリーンに映し出される作品を堪能できます。

関連記事
「ドライブインシアター」イベント情報
ドライブインシアター情報まとめ!車内で楽しめる映画イベント【2022年版】

 

VR空間の映画館

最後に番外編という事で、VR空間上で楽しめる映画はいかがでしょうか。

バーチャルシアターでは、自宅で好きな時間に人気作品が楽しめる新しい映画館になります。VR機器を装着するだけで参加でき、一部のサービスではコミュニケーション機能も追加されています。雨で外出が面倒な方や忙しくて足を運べない方にピッタリなサービスです。

関連記事
バーチャルシアター5選!VR映画館で人気作品が続々配信中
バーチャルシアター5選!VR映画館で人気作品が続々配信中
  • この記事を書いた人
blank

VRさんぽ編集部

散歩サイト「VRさんぽ」。旅行以外にもVR、AR、VTuberなど幅広く配信中!

-旅行・お出かけ
-