ハワイ語まとめ

旅行・お出かけ

これから覚えるハワイ語|挨拶や日常生活に応用

この記事では、ハワイ語について学んでいきます。

実際に私が学生の頃ホームステイ(留学)していた際によく使用していた言葉、また現地で見かけた言葉をご紹介します。アロハ〜、マハロ〜など。

 

ハワイ語【挨拶編】

ハワイ語(挨拶編)

Aloha(アロハ)|挨拶

まずは定番の挨拶から。

ハワイに旅行した際によく聞く「アロハ〜」ですが、日本でいう「こんにちは」と同じ挨拶として使われています。

Mahalo(マハロ)|ありがとう

また感謝する時には「Mahalo(マハロ)」と言います。

私が留学していた時も、アロハとマハロの2つはよく使用する言葉なので覚えておきましょう。

 

ハワイ語【日常生活編】

ハワイ語(日常生活編)

Kāne、Wahine|性別

続きまして、日常生活で見かけるハワイ語です。

性別の男女です。ショッピングモールや宿などのトイレ、または更衣室で見かけますね。

男性が「kāne(カネ)」、女性が「wahine(ワヒネ)」。

Ono|美味しい

ハワイで美味しい料理を食べた時は「ono(オーノ)」。

「これ美味しい」って意味です。

 

ハワイ語【旅行・お出かけ編】

ハワイ語(お出かけ編)

Kapu|禁忌

最後にお出かけや旅行の際に見かける言葉「Kapu(カプ)」。

中世また宗教上で禁忌(タブー)としての意味もありますが、観光地の立て札にも書かれている場合もあります。

その場合は、立ち入り禁止区域ということです。絶対に入らないように気をつけましょう。

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

運営者(霞):旅行からVRネタなど幅広くを書いてます。

-旅行・お出かけ
-,

Copyright© VRさんぽ , 2020 All Rights Reserved.