動画配信者ネタ

「YouTubeパートナープログラム(YPP)」の参加基準を拡大!ショート動画の収益化も可能に

「YouTubeパートナープログラム(YPP)」の参加基準を緩和!ショート動画の収益化も可能に

Google社は、2023年より「Youtubeパートナープログラム(YPP)」を改訂する事を発表しました。主にショートクリエイター向けの内容となっており、短編動画の収益分配も実施されます。アップデート内容は以下の3点です。

まず1つ目はYPPの参加条件の緩和です。これまで『チャンネル登録者数1000人+総再生4000時間』の基準達成が必要でしたが、来年より『チャンネル登録者数1000人+ショート動画の視聴回数1000万回(過去90日間)』を満たすチャンネルでも収益化が可能になります。そして、視聴者ファンディングツールの導入も基準値を緩和していく。

続いて2つ目はショート動画の収益化です。YPPに参加したクリエイターは、新しく『ショート動画の広告収益(45%)』を受け取れるようになります。また『Super Thanks(投げ銭)』機能がショート動画まで拡大し、ベータ版を本日より提供を開始しました。これにより『YouTubeショートファンド』が来年以降に廃止されます。

そして、3つ目はクリエイターミュージックの導入です。YPPに参加したクリエイターは、好きな楽曲を動画内で使用できるようになります。音楽ライセンスを取得すると、アーティストや権利所有者と動画の収益分配も可能になります。新しいパートナープログラムに参加するには、改めて利用規約に署名する必要があります。


source:YouTube公式コミュニティ

  • この記事を書いた人
blank

VRさんぽ編集部

散歩サイト「VRさんぽ」。旅行以外にもVR、AR、VTuberなど幅広く配信中!

-動画配信者ネタ
-