宇都宮餃子像 [リトルプラネット]

散歩・旅行

これが餃子像だ!宇都宮駅前の観光スポット

みなさん宇都宮と言えば、何を思い浮かべますか?

そう、餃子が有名ですね。

日本国内で餃子の消費量が最も高く、名店「みんみん」や「らっせ」など数多く生まれた『餃子の街』と言っても過言ではない。

そんな餃子の街「宇都宮」にピッタリな観光スポットが、宇都宮駅前にあるんです。その名も「餃子像」。

 

餃子像の場所は「栃木県宇都宮市」

餃子像は、JR宇都宮駅の西口(デッキ上)に建てられています。

最初に建てられたのが、1994年頃。

その頃は駅西口のペデストリアンデッキ上ではなく、東口地区など転々と移動してたんですね。

移動理由は、場所がわかりにくい!破損した!などなど。

現在は駅からすぐの場所なので、多くの観光客が訪れている。

 

餃子像とは? 特徴や概要

餃子像とは?

では、近くで餃子像を見てみましょう。

特徴は「餃子の形をしていて、顔が皮から出ている」ですかね。高さは1.6m、重さ1.7tとかなり重いとのこと。

1994年のTV番組「おまかせ!山田商会」の町おこし企画でタイアップとして作られた。メディアでは、「ビーナス(女神)がギョーザの皮に包まれている像」とも紹介されている。

餃子像をデザインしたのは、彫刻家・西松鉱二さん。宇都宮の特産品「大谷石」が材料となる。

 

移転時に破損して、真っ二つになったことも…

2008年10月の整備工事時、クレーンのワイヤーが外れてしまい餃子像が落下したハプニングもあった。

像は真っ二つに破損したが、同月30日に修復されている。詳しくは以下の日経新聞にも掲載されています。

 

記念に餃子像と360度写真で撮影!

宇都宮餃子像 [リトルプラネット]

ちなみに宇都宮に訪問した際に、餃子像と記念撮影をしました。

せっかくなので、パノラマ写真でパシャりと。下のボタンを押すと360度で見れますので、良ければどうぞ。

 

「餃子像」のアクセス

スポット名 餃子像
住所 〒321-0965 栃木県宇都宮市1−23
営業時間 無休
Web 宇都宮市公式サイト-餃子特設ぺージ

 

栃木の関連記事を

今すぐチェック

※順次公開中!

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

-散歩・旅行
-, ,

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.