ライトノベル連動VTuber「ハピバト!」本格始動!

動画

ライトノベル連動VTuber『ハピバト!』がデビュー開始!エピト、ハチピの物語が始まる

投稿日:

この記事のポイント

  • 東雲めぐに続くプロデュース企画第2弾として、ライトノべル連動VTuber『ハピバト!』が本日より本格始動!
  • また本拠地「ハピバ島」がVRChatのワールドとしてパブリック化もした。
  • 主人公の二人と視聴者がリアルタイムの配信でコミュニケーションを取りながら成長していく。

xR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリを制作するGugenka®(グゲンカ)は、「東雲めぐ」に続くプロデュース企画第2弾として、ライトノべル連動VTuber『ハピバト!』の本格始動を発表!

『ハピバト!』は、主にSHOWROOMで配信を行う二人の青年「水木瑛斗(みずきえいと)通称エピト」「鈴山八広(すずやまやひろ)通称ハチピ」が、一度は諦めたエンターテイナーへの夢を仮想世界で再挑戦する視聴者参加型ストーリーとなる。

また、誰でも『ハピバト!』の世界に参加できるアバターも販売。 3DCGモデリング、キャラクターデザインはGugenkaのCGアーティストSAE氏(@SAE_ggnk)が担当。

 

ライトノべル連動VTuber『ハピバト!』

ライトノベル連動VTuber

このプロジェクトは、主人公の二人と視聴者が配信でリアルタイムでコミュニケーションを取りながら成長していく様子を、小説投稿サイト「小説家になろう」と連動しながら進行していきます。

未来予測を交えながら実際の二人の日常と連動したセミフィクション型ライトノべル! エピト、ハチピの配信での出来事やストーリーが密接に絡んでいくことで、新しい体験を皆さんにお届けする。

 

VTuber『ハピバト!』とは

ハピバト!a

ハピバト!b

瑛斗と八広が、VTuber「エピト」「ハチピ」となって活躍するバーチャルエンターテイメント。

ストーリーは公式YouTubeチャンネルにて1ヶ月間無料で公開された後、特典画像付きで販売する。(第1話は、2019年3月18日〜4月17日まで無料。4月18日に発売予定)

 

誰でも物語に参加できるアバターを販売

ハピバト!アバター販売

本日より、利用規則の範囲内でアレンジできる「ハピバトスーツ(2種類)」と「ハピバ島」を専用ページにて販売を開始。

ストーリーの進行にあわせ、どなたでもハピバト!の世界に参加できるような展開を予定している。

視聴者は彼らと同じ舞台で、彼らのライバルや協力者として物語に介入できるプロジェクトとなっていきます。公式販売ページにて3月18日(月)より発売。

 

登場キャラクター紹介(エピト、ハチピ)

エピト(水木瑛斗)

エピト(水木瑛斗)

「ハピバト!」主人公のひとり。

VR空間で歌と パフォーマンスでハッピーを届ける「ハピバト!」で現実では叶えられなかったエンターテイナー の夢へ挑戦する。

現実ではウェディングムービークリエイターをしている。

所属 WAO AGENCY
誕生日 1995年10月15日
WEB-1 Twitter(エピト)
WEB-2 SHOWROOM(エピト)

 

ハチピ(鈴山八広)

ハチピ(鈴山八広)

「ハピバト!」主人公のひとり。

エピトの歌声に惚れて、VR空間なら自分たちの殻をやぶってエンターテイナーになれるはずと「ハピバト!」を共に立ち上げる。

現実では大学生の傍ら塾講師のバイトをしている。

所属 Gugenka®
誕生日 1997年8月26日
WEB-1 Twitter(ハチピ)
WEB-2 SHOWROOM(ハチピ)

自己紹介動画一覧【Youtube】

二次創作ガイドラインについて

エピト、ハチピに関する二次創作はGugenka二次創作ガイドラインGFGが適用される。

 

ハピバ島に遊びに行こう【VRChat】

物語の本拠地「ハピバ島」

物語に登場するエピトとハチピの本拠地「ハピバ島」がVRChatのワールドとしてパブリック化!

VRChatワールド名:HAPIBATOU

 

pv


©HAPIBATO/©Gugenka®

Source:Gugenka、東雲めぐに続くプロデュース企画第二弾 ライトノべル連動VTuber「ハピバト!」本格始動!

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

-動画
-,

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.