全天球カメラ(360度)とは

VR

迷ったらこれ!全天球カメラ(360度)のオススメ機種|2020年最新版

普通のカメラでは物足りなくなっているあなた!『全天球カメラ』なんてどうでしょうか?

「一眼レフ」や「ミラーレス」よりもマイナーなカメラですが、全方位(360度)の写真や動画が撮影出来きお手軽にVRが体験できる優れもの。

この記事では、これから全天球カメラを購入する方に必要な知識や仕組みをご紹介。またメーカー別や個人的にオススメの機種もまとめました。

 

全天球カメラとは?

全天球カメラとは、一眼レフやコンデジと異なり1回の撮影で全方位撮影できるカメラの事。別名「360度カメラ」とも言う。

カメラレンズは、一般的に2つ付いている「デュアルレンズ」が多い。またレンズが2つ以上の「マルチレンズ」タイプはプロ用として販売されている。

実際に全天球カメラで撮影した写真は以下の記事に掲載しています。

 

初心者必見!360度カメラを選ぶ基準

全天球カメラを選ぶ基準

現在カメラは多くのメーカーから豊富なラインナップを発売しています。

好きな機種やメーカーがあるなら迷うことはありませんが、初心者からすれば

霞 与太
どれを買えばいいのかわからない・・・。

となるでしょう。

 

そこで私がカメラを購入する際に選んだポイントをピックアップしていきます。内容はザックリ次のとおり。

画質(写真・動画)

まず買うなら画質が良いものを当然選びます。

個人的に5K以上は欲しいところだが、SNSがメインの場合は4Kでも大丈夫かと思います。ポートレートで高画質が必要な方はプロ用の8Kが良いですね。

また写真のスティッチ(合成)が荒いかどうかも注目する点。Photoshopでゴリゴリ加工する場合なら、RAWで保存できる機種にすべき。

サイズと軽さ

続いて持ち運びやすい形で軽さも大事。

例えば過去に私が使用した「Theta SC」は全体的に軽く持ち運びやすかったです。逆に「Go Pro Fusion」は、自撮り棒を使用した撮影だと片手持ちは重いです。

※三脚で撮影するなら特に気にならないです。

サポート・専用アプリは意外と重要

また初心者なら操作が簡単なのを選ぶべきだ。

特に撮影後の写真を加工・投稿できる専用アプリが有るのか、故障時のサポート面が有るのかも大事です。

例えば、専用アプリであれば手持ちのPC・スマホで起動するか事前にチェックすることをお勧めする。

その他、別売りアクセサリー(周辺機器)も考えよう。

防水カバー、SDカード、自撮り棒、Photoshopなど

 

全天球カメラ一覧・比較|メーカー別

全天球カメラ(360度)のオススメ機種

RICOH(リコー)の360度カメラ

カメラ名 発売日
THETA Z1 2019年5月
THETA V 2017年9月
THETA SC2 2019年12月
THETA SCミクシータ 2016年10月
THETA S 2015年10月
THETA m15 2014年10月

GoPro(ゴープロ)の360度カメラ

カメラ名 発売日
GoPro Fusion 2018年4月
GoPro MAX 2019年10月

Insta(インスタ)の360度カメラ

カメラ名 発売日
Insta360 Pro2 2018年9月
Insta360 Pro 2017年6月
Insta360 TITAN 2019年7月
Insta360 EVO 2019年4月
Insta360 ONE X 2018年10月
Insta360 ONE 2017年8月
Insta360 Nano S 2018年1月
Insta360 Nano 2016年8月
Insta360 Air 2017年3月

Samsung(サムスン)の360度カメラ

カメラ名 発売日
Gear 360 2017年6月

Kandaoの360度カメラ

カメラ名 発売日
Obsidian R 2018年2月
Obsidian S 2018年2月
Obsidian GO
QooCam 8K 2019年12月
Qoocam 2018年8月

Xiaomiの360度カメラ

カメラ名 発売日
Madventure 2018年3月

 

個人的にオススメの全天球カメラ選

最後に上記のポイントを踏まえて、現在発売されている全天球カメラから個人的にオススメな機種を選んでみました。

Insta360 ONE X

一言メモ

現状コスパと機能を考えれば1番かも

編集:霞

Insta360シリーズの最新カメラ『Insta360 ONE X』。

前モデルの『Insta360 ONE』に比べ性能グーンと向上。最高動画記録画質は5.7K 30fpsと高画質であり、価格も5万台とコスパも良い。

GoPro Max

一言メモ

人気のアクションカメラ「GoPro」の新作

編集:霞

人気のアクションカメラ「GoPro」から発売された「GoPro Max」。

前作の「GoPro Fusion」から進化をとげ、3つのカメラが1つになった1品。動画は6K(30)で撮影され、GoPro HEROモードでの撮影も可能となった。

勿論Fusionにもあった防水仕様なので雨の日でも安心です。私もFusionから買い替え予定です。

RICOH THETA Z1

created by Rinker
¥115,147 (2020/04/04 15:27:52時点 Amazon調べ-詳細)

一言メモ

元祖360度カメラの新作

編集:霞

元祖全天球カメラのシータからは、高性能の「RICOH THETA Z1」をチョイス!

2019年3月下旬に発売され、有効画素数:約2000万画素の静止画撮影で7Kと画質の面で大きく進化している。前作のSCやVで撮影した際にゴーストや筋など出ていましたが、だいぶ綺麗になったなと個人的に思います。

値段的に厳しい方は「THETA SC2」も発売されたので良いですよ。

2019年12月時点の情報です。8k前後のプロ用は省いてます。

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

運営者(霞):旅行からVRネタなど幅広くを書いてます。

-VR
-,

Copyright© VRさんぽ , 2020 All Rights Reserved.