VR

Gugenka、スマホやPCで手軽に参加できるVRイベント会場の制作サービスを開始

Gugenka、VRイベント会場の制作サービスを開始

XR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリやサービスを提供する「Gugenka(グゲンカ)」は、URLをクリックするだけで簡単に参加できるバーチャルイベント「東雲めぐ 野外コンサート from Hubs」を2020年10月16日(金)に実施しました。同時に短い準備期間で実施できるVRイベント会場の制作受付も開始しました。

このVRコンサートは、Webブラウザで体験できるソーシャルVR「Hubs(ハブズ)」を用いて制作された。従来に比べ開発期間が大幅に削減され、当日は想定を超えるアクセスがありWebとバーチャルの相性の良さが実証されたイベントとなりました。

HubsでVRイベントを実施する3つのメリット

「東雲めぐ 野外コンサート from Hubs」イベント例B

URLリンクからブラウザで手軽に参加できる

「東雲めぐ 野外コンサート from Hubs」イベント例A

従来のVRイベントでは、専用アプリのダウンロード/アカウント登録といった、参加者側の事前準備が必要でした。Hubsで開催するイベントは、「VRデバイス/PC/スマートフォン」から会場URLにアクセスするだけで簡単に参加できます。

デバイス関係なく参加者同士でコミュニケーション

HubsのVRイベント

これまではデバイスごとに会場が分けられることが多かったVRイベントが、Hubs会場では「VRデバイス/PC/スマートフォン」いずれかのデバイスで参加した場合でも同一空間へ入場できます。

さらにソーシャルVRの特徴である、同じバーチャル空間上のユーザー同士で音声共有されるため、デバイスの壁を感じること無く交流できます。

スピーディかつ低コスト

Hubs「イベント専用アバター」

Hubsで会場を制作する際、Webブラウザ上でVR空間をカスタマイズできるHubs専用ツール「SPOKE」を使用します。これにより制作工程が簡略化され、スピーディかつ低コストにVRイベントを開催することができます。会場だけでなく、参加者が使用するイベント専用アバターを用意することで、一体感を作り出すことも可能です。

 

本サービス提供の背景

次々に新しいVRソーシャルプラットフォームが発表されている中、より参加手順を簡略化することで、これまでVRイベントに対して敷居が高いと感じていた層にもVRを身近に感じてもらうことを目的としてコンサートを実施しました。

その結果、非常に少ない工程で開催できることがわかり、昨今の情勢により需要の高まるVRイベントの制作サービスを開始しました。コミュニケーションを重視したシンプルな表現に向いているため、数十万円程度からの実施も可能です。

お問い合わせ先|Gugenkaお問い合わせフォーム(受付時間:平日9:00〜18:00)

-VR
-

© 2020 VRさんぽ