HoloModels「上野さんは不器用」体操服 Ver

AR

HoloModels「上野さんは不器用」等身大フィギュア第三弾!上野(体操服 Ver.)が発売

この記事のポイント

  • HoloModelsとTVアニメ 「上野さんは不器用」のコラボ第三弾!
  • 今度の上野さんは体操服を着用だ
  • 発明品「E-Qブースター、ダッシュたん、理科室」がセットで、ボイススプレーにも対応

デジタルフィギュアを飾れるxRアプリ「HoloModels」とTVアニメ「上野さんは不器用」とのコラボ第三弾として、本日よりデジタルフィギュア「上野(体操服 Ver.)」の販売を開始した。

デジタルフィギュア「上野(体操服 Ver.)」には、発明品「E-Qブースター、ダッシュたん、理科室」がセットとなる。

AR機能によって現実世界の好きな場所に上野のフィギュアを表示し、アニメの世界を目の前で楽しんでみよう。

※アプリは無料ですが、デジタルフィギュアは「HoloModels™ webストア」から購入(有料)しアプリと連携することで楽しめるようになります。
※別途、ボイス(CV.芹澤 優)を購入することでボイススプレーが有効になり、デジタルフィギュアを喋らせる ことができます。

 

「上野(体操服 Ver.)」セット内容

上野(体操服 Ver)ポーズ1

上野(体操服 Ver)ポーズ2

デジタルフィギュア「上野(体操服 Ver.)」は手足や指先、ポニーテールを自由に動かすことができる。自由にポーズを作って好きな場所に設置した後は、フィギュアを全方位から観察してみよう。

体操服姿の上野に発明品「E-Qブースター」を装着させてアニメのシーンを再現したり、瞬間脱臭装置「ダッシュたん」を設置するなどフィギュアと組み合わせて楽しめる上野の発明品も付属。

「理科室」を等身大サイズにすれば、自分がアニメの世界に立っているかのような目線を体験することも可能だ。

セットアイテム

  • E-Qブースター
  • ダッシュたん
  • 理科室

 

フィギュアが喋るボイス機能対応!

HoloModels『上野さんは不器用』新機能ボイスが発売!

デジタルフィギュア「上野」は、ボイススプレーにも対応。別売りのボイスを購入することで、デジタルフィギュア「上野」と「上野(SQ水 Ver.、体操服 Ver.)」の全てに対しボイススプレーが有効になる。

このスプレーを使用すると21種類の録り下ろしボイス(CV.芹澤 優)がリップモーション付きで再生され、キャラクターがあなたに話しかけているような体験ができます。

※重複購入にご注意ください。
※ボイスは一度購入すると、デジタルフィギュア「上野」「上野(SQ水 Ver.)」「上野(体操服 Ver.)」の全てに対応します。

詳細
HoloModels『上野さんは不器用』新機能ボイスが発売!
フィギュアがしゃべる新機能「ボイス」個別販売開始!第1弾は『上野さんは不器用』の主人公「上野」

続きを見る

デジタルフィギュア「上野」「上野(SQ水 Ver.)」も好評発売中!

『上野さんは不器用』がARアプリHoloModelsとコラボ!

コラボ第一弾は、制服を着た上野と「ロッカくん」「II傘」「理科室」 が付属されている。

第一弾
『上野さんは不器用』がARアプリHoloModelsとコラボ!
TVアニメ『上野さんは不器用』がARアプリ「HoloModels」に登場!デジタルフィギュアは本日より販売開始

続きを見る

HoloModels ✕ 上野さんは不器用のコラボ第二弾

またコラボ第二弾のSQ水 Ver.では、発明品「SQ水」を着た上野とタイツの化身「タモン」「理科室」がセットになっている。

第二弾
HoloModels ✕ 上野さんは不器用のコラボ第二弾
「上野さんは不器用」コラボ第二弾!等身大デジタルフィギュア「上野(SQ水 Ver.)」発売|HoloModels

続きを見る

TVアニメ「上野さんは不器用」ストーリー紹介

TVアニメ『上野さんは不器用』ロゴ

+ あらすじを読む(クリック)

ココは、とある中学校の理科室━━━━。

科学部部長の上野さんは、部活の後輩・田中に恋する乙女。

天才的すぎる奇想天外な発明品を使って、あの手この手で気を引くためのアピール試みる。

1年生部員の山下も冷静沈着なアシストで上野さんをバックアップ!果たして上野さんの恋は成就するのか!?
それとも・・・

WEB:TVアニメ『上野さんは不器用』公式サイト

 

HoloModels™(ホロモデル)とは

Holomodelsのロゴ

3DCGで描かれたアニメキャラクターのデジタルフィギュアを、ARやVRなどの技術を使って飾れるxRアプリ。 デジタルフィギュアはスプレーによる操作でポーズも表情も思いのままに作り込むことができ、サイズを変更して好きな場所に飾れる。

ARKit/ARCoreの平面認識によって床やテーブルにぴったりと設置することが可能。飾ったデジタルフィギュアは、近づいたり回り込んだり360°鑑賞することができ、本当にそこにキャ ラクターが居るかのように感じられます。

アプリ概要

Holomodelsアプリのアイコン

HoloModels

xR(AR・VR)技術でアニメキャラクターのデジタルフィギュアを自由自在に飾れるアプリ。

アプリ名 HoloModels™(ホロモデル)
価格 アプリ無料
対応端末
Web

※画面は開発中のものにつき、実際の仕様とは異なる場合があります。
※推奨機種以外での動作の保証は致しかねますのであらかじめご了承ください。
※別途、インターネット接続の通信費はお客様負担となります。

コラボ第三弾 PV

Gugenka®とは

リアル世界と日本アニメの世界をxR(VR/AR/MR)で融合させるブランドチームとして株式会社シーエスレポーターズ内で発足。代表作は東雲めぐ(うたっておんぷっコ♪)の他、人気アニメのデジタルフィギュア「HoloModels™(ホロモデル)」など。


© tugeneko・白泉社/上野さんは不器用製作委員会
©HoloModels™/ ©Gugenka®

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

-AR
-,

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.