モーションキャプチャ(モーキャプ)まとめ

動画

顔から全身まで記録するモーションキャプチャのまとめ

シュバ!シュバ!!捉えられるか私の動きを!!!

冗談はさておき、今回のテーマは「モーションキャプチャ」です。

近年ゲームのキャラクターや3DCGの映画にも使用されており、話題のバーチャル配信など個人の方でもポピュラーなツールとなりました。

この記事では、簡単に楽しめる機材や装置をまとめてみました。

 

モーションキャプチャ とは?

モーションキャプチャとは、カメラ(トラッキング)を使い人の動きをデジタル化し記録する技術。別名:モーキャプ。

記録データは、ゲームなどの3Dキャラに使用する事で人ならではの自然でリアルな動きを表現できる。

また全身以外にも顔だけを記録する「フェイストラッキング」、手だけの「ハンドトラッキング」など存在する。

主な活用例

  • xR(VR / AR
  • VTuberなどバーチャル配信する際に使用
  • ゲーム:3Dキャラクターなど
  • 映画:CGで使用する際に
  • スポーツ:トレーニングのフォーム計測
  • 医療:患者の基礎運動能力を確認

 

スポンサーリンク

WEB上に動画をアップするだけ「RADiCAL」


スマートフォンで撮影した動画を、WEB上(クラウド)にアップロードするだけで3Dモーションを簡単生成。書き出しはFBXでも可能。

ただし、アップロードとFBXのダウンロードは有料会員のみ。

RADiCAL公式サイト

 

スマホアプリで簡単モーキャプ「ミチコンPlus」

ミチコンPlus|スマホで全身モーキャプ

アプリ説明

手軽なモーションキャプチャアプリ

アプリ(iOS)

posted with iTunes Link Maker

iPhoneやiPadのカメラに全身を撮影するだけの簡単にモーションキャプチャが体験できるアプリ。

撮影済みの動画を読み込んだり、モーションデータ書き出し(CSV)などの機能を実装。VRoid Hubに対応でキャラ追加も可能だ。

 

顔のトラッキングなら「FaceRig」

顔だけの動きだけならオススメ!Steamで大人気の「FaceRig」。

ウェブカメラさえあれば、様々なキャラクターになりきることが出来る。バーチャル配信やゲーム実況など定番のソフトです。

FaceRig@Steam

 

手の動きなら「LeapMotion」

created by Rinker
Leap Motion
¥11,000 (2020/02/19 09:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

小型モーションコントローラー「LeapMotion」。

キーボードやマウスを使わずに手のジェスチャーのみでコンピュータ操作を可能とする。VTuber配信をしたい方は、トラッキングシステム「Luppet」と組み合わせる事。

 

スーツで全身モーションキャプチャー「Perception Neuron」

NOITOMの全身モーションキャプチャー「Perception Neuron」。

全身に取り付けた小型センサーで装着者の動作を記録する。各部分にNEURONセンサー(ジャイロスコープ、加速度計、IMU)を内蔵。

PERCEPTION NEURON 2.0とプロタイプの2種類があり、価格は2.0が25万前後となるので本格的に始めたい方はどうぞ。

 

MMDで話題となった「Kinect」

マイクロソフトから発売されていた「Kinect」。過去に「MikuMikuCapture」と一緒に使えば自作のMMDが動きました。

残念ながら、現在は生産終了となり入手が困難となっております。

しかし俺らのKinectはまだ終わらんぞ!

2019年にビジネス用として「Azure Kinect DK」復活しました。

ただ旧式と異なりXboxに非対応となり、MikuMikuCapturが動くかも不明。

公式発表(2020年1月現在)では、アメリカと中国のみ販売となっています。一応、Amazonでもあります(並行輸入品)。

 

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

運営者(霞):旅行からVRネタなど幅広くを書いてます。

-動画
-

Copyright© VRさんぽ , 2020 All Rights Reserved.