AR

新聞もARで読む時代!アプリ「日経AR」誕生

投稿日:

この記事のポイント

  • 日経新聞の記事や広告からARコンテンツを表示するアプリ「日経AR」が本日リリース。
  • 使い方はシンプルで、紙面に掲載されたマーカーにカメラで読み取るだけ
  • ARコンテンツ第1弾は「日経ヴェリタス」を予定

日本経済新聞社は、新聞記事や広告から拡張現実(AR)コンテンツを表示するスマートフォンアプリ「日経AR」をリリースした。

アプリ開発はスターティアラボ社のAR技術を、データマネジメントとしてオプト社のアプリデータマネジメントツール「Spin App」をそれぞれ採用。

「日経AR」とは

スマホアプリ「日経AR」

スマートフォンのカメラで紙面に掲載したマーカーを読み取れば、編集記事のより詳しい解説動画を見れるARアプリ。

広告では掲載企業のサイトへ遷移したり、紹介する商品に関連した画像や動画を画面上に表示したりもできる。

もちろん仮想物体を動かすこともOK。

 

ARコンテンツ第1弾は「日経ヴェリタス」

12月2日付の金融情報紙「日経ヴェリタス」でARコンテンツを展開。

特集テーマは「イノベーション」。技術革新により登場する製品をARで立体映像を紹介する。

また他面でもマーケットの「なぜ」や企業のニュースに関連する解説を動くグラフや動画も見ることができる。

ARとは?

「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」とも言われる。

実在する空間にバーチャルなコンテンツを重ねて表示することで、人間の現実認識の幅を広げる。「仮想的に目の前の世界を拡張する」というもの。

 

アプリ「日経AR」の使い方

使い方はとてもシンプルで簡単。

step
1
アプリ「日経AR」をスマートフォンにインストール

step
2
アプリ起動後、新聞紙面上に印刷されたマーカーを読み取る

step
3
ARコンテンツが表示!

アプリ利用環境

iOS7以上を搭載するiPhone・iPod touch。またAndroid4以上の端末で利用可能。

それ以外の環境の場合には、一部機能が使用できない可能性あり。

※画面イメージ・アプリDLを含めた詳細は「日経AR」公式サイトを参照。

 

日本経済新聞社について

1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を世に伝えてきた経済新聞社。

約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆を行っている。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約242万部となる。

 


Photo & Source:拡張現実で新聞の情報を広げるアプリ「日経AR」@PRTimes

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

-AR
-

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.