動画・配信者ネタ

野外ライブやネット配信のお供に!ローランドの「VT-4」を使ってみた

ローランドのボイストランスフォーマー「VT-4」 レビュー

ローランドのボイストランスフォーマー「VT-4」。

PCや外部プラグインが無くても使える人気のボイスチェンジャーになります。今回実際に使ってみましたので、特徴や商品の魅力についてまとめました。

ボイストランスフォーマー「VT-4」とは?

大手電子楽器メーカーの「Roland(ローランド)」から発売されているボイストランスフォーマー『VT-4』。

VT-4では、人間の「声」を楽器に変化させ楽しめる5つのエフェクト・プロセッサーが用意されている。ミュージシャンやDJなど、多くの音楽業界で活躍している方に愛用されています。

 

機能紹介「VT-4」のココが凄いぞ!

ボイストランスフォーマー「VT-4」の機能

電池でも稼働!野外やオフライン環境で使用可

VT-4は、USB電源だけでなく電池(単3×4本)でも起動します。

その為、野外やインターネット環境が無い場所でも使用する事ができる。本体も軽くパソコンも基本不要なので、持ち運ぶ際も楽ですよ。

PC接続や設定も簡単

VT-4の接続方法(例)

本体のみで接続する場合は、コンデンサーマイクとヘッドフォン(もしくはスピーカー)の2つでOK。

VT-4|リアパネルの解説

接続方法(例)

まずマイクをリアパネルの「MIC IN端子(リア)」に、続いてヘッドフォンをフロントパネルの「PHONES端子」に接続するだけで準備は完了です。

最後に「POWERスイッチ」をオンにしてください。

※電池稼働の場合

また付属のUSBでPCに接続すれば「オーディオインターフェース」としても使えます。

使用するには専用ドライバー(Windows・Mac)をインストールし、パソコンのサウンド入出力設定を変更してください。設定項目は以下の通りです。




OUT LINE OUT端子、PHONES端子から出力
TO MIC IN MIC IN端子に入力された音声をVT-4 から出力
TO CARRIER TO CARRIERに入力された外部シンセサイザーの音を使用
MIX LINE OUT端子の音声
WET エフェクトのかかった音声
DRY エフェクトのかかる前の音声

保存したエフェクトを好きな時に使える

個人的に便利だなと思った機能は、お気に入りの設定を保存できる「シーン・メモリー」機能です。

例えばライブ配信の際は、雑談と歌ってみたでボイスエフェクトをボタン一つで簡単に切り替える事が出来ます。最大保存数は8つまで対応している。

保存方法

「シーン・メモリーボタン(1~4)」のいずれかを押し、ボタンがすべて点滅~消灯したら保存完了。呼び出す場合は、シーン・メモリーボタンを押すだけ。

 

blank
created by Rinker
Roland(ローランド)
¥26,400 (2021/03/07 07:13:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事
ボイスチェンジャーまとめ
女声も自由自在!ボイスチェンジャー(ボイチェン)で遊んでみた。

-動画・配信者ネタ
-

© 2021 VRさんぽ