バーチャルキャスト

動画

バーチャルキャストでVTuberになるにはどうすればいいのか

4月13日の「ニコニコ超会議2018発表会」で、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」の提供を開始することが判明した。開発は株式会社ドワンゴと株式会社インフィニットループの共同である。そこで『バーチャルキャスト』でバーチャルYouTuber(略 VTuber)になる為には、どのような配信環境が必要なのか、また費用はどのくらい掛かるのか軽く調べてみた。

[toc]

まず『バーチャルキャスト』とは何なのか?

株式会社ドワンゴ社のプレスリリースにはこう書かれています。

バーチャルキャストは、バーチャルキャラクターになったユーザーがVR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。

Source:「もう"会いたくて震える"ことはない!」どんなに遠くても会いたいキャラクターに会えるVRサービスが爆誕!VRライブ・コミュニケーションサービス、バーチャルキャストを提供! [株式会社ドワンゴ社]

もっと分かりやすく説明すると、『バーチャルキャスト』を使えば誰でも簡単に好きなキャラクターでバーチャルYouTuberになれるとの事。

具体的にどんな事出来るのか

  • 簡単に好きなキャラクターになりきれる(自作の3Dモデルが有れば近日中に)リリース当初の使えるモデルは7種類
  • 他のユーザーのスタジオに参加可能(別名 凸機能)勿論、コミュニケーションも可能(肩を組んだり、抱きついたり)
  • 視聴者ともコミュニケーション可能(コメント機能にて)
  • HTC VIVEを保有していないユーザーはコメント参加のみ

配信する際に必要な物 準備するもの

HTC VIVE

予算に余裕が有れば「HTC VIVE PRO」でも良いのよ

他のVR機器・「Oculus Rift」じゃダメなの?

公式からは非対応と発表されている。ただTwitterなどで確認しましたが「Oculus Rift」でも動作は出来るそうです。若干操作方法が異なるのと今後サポートされるかは未定なので、買うなら対応されている「HTC VIVE」を選ぶ方が無難かと。

購入以外の方法は?

レンタルもしくは無料体験(貸し出しOK+バーチャルキャストOKな店舗のみ)

DMM いろいろレンタル:【HTC/VR ヘッドマウントディスプレイ】HTC VIVE + PC レンタルキット

HTC VIVE推奨スペックのWindows10

個人的に選ぶなら以下のゲーミングPC

  • GALLERIA
  • ILeNxs-15FX093-i7_-RNFHB-HVR
  • MSIゲーミングノート GL62M-7RDX-1856JP

注意点はMac、Linuxが利用不可であること。また折角「HTC VIVE」で遊ぶならゲーミングPCを選んだ方が良い。

バーチャルキャスト

https://virtualcast.jp/

OS  Windows 10 64-bit
ネットワーク 下り5Mbps以上、上り15Mbps以上

 

ネット回線

配信プラットフォーム(ニコニコ生放送,YouTube,Twitch など)
以下に登録URLを載せとく

またニコニコ生放送等で配信する場合は、別途配信ソフトが必須となる。例えば「Niconico Live Encoder」など

3Dモデリング

自作できるのならばBlender、Unity、Live2dなどで製作。無理ならクラウドワークスなどで依頼するのが良い。

配信するまでの手順

残念ながら現在『バーチャルキャスト』の環境下が整っていないので手順の説明が出来ません(ごめんなさい)。今後、体験会など行ってきて確認しときます。また株式会社インフィニットループさんの技術ブログに手順が記載されてますので、こちらを参考にしてください。

https://www.infiniteloop.co.jp/blog/2018/04/virtualcast/

ここまで掛かった費用

ざっくりと書きましたが、最後に配信前まで掛かる費用です。3Dモデリングを自作して機材を揃えるなら多く見積もって25万円くらいあればいけそうですね。HTC VIVEをレンタルするならもっと安くなるでしょうね。詳しい仕分けは下記に。

HTC VIVE 64,250円
HTC VIVE推奨スペックのWindows10 PC 15万前後 〜
バーチャルキャスト 0
3Dモデリング 0〜XXX万円(デザイン、ポリゴン数、人件費を考慮すると100万を超える場合も)
その他(声音声など) 別途

まとめ

バーチャルキャストの登場により、今後さらにVTuberの配信が増えるのでしょう。商用・非商用問わずご利用可能なので企業の参戦もありえますからね。ただ3dモデルを用意したり、「HTC VIVE」を含めた配信環境を整えることは個人で配信するにはハードルが高いかもしれません。今後、バーチャルキャストがどのように展開するのか個人的に楽しみである。


編集:霞 与太
参考リンク:「バーチャルキャスト」https://virtualcast.jp/

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

-動画
-, ,

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.