『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜』ARフィギュア

AR

『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』の「ほしのゆめみ」がARフィギュアで登場!TGS2018では先行体験会も

投稿日:2018年9月14日 更新日:

この記事のポイント

  • ARアプリ『HoloModels』とアニメ「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」のコラボが決定!
  • それに伴い、今月行われる東京ゲームショウ2018(TGS2018)でARフィギュアを動かせる先行体験会を実施。
  • ARフィギュア「ほしのゆめみ」の発売は2018年今冬を予定している。

アニメのVR/ARコンテンツを開発する「Gugenka®(グゲンカ)」は、フィギュアを飾れるARアプリ『HoloModels』とアニメ「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」のコラボを発表した。

それに伴い、2018年9月20日から幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」にてARフィギュアを動かす体験会を実施。

また、ARフィギュア「ほしのゆめみ」の発売も2018年今冬に決定した。

 

ARフィギュア「ほしのゆめみ」と外の世界へ

ARフィギュア「ほしのゆめみ」デモ1

ARフィギュア「ほしのゆめみ」デモ2

「ほしのゆめみ」と過ごしたあの穏やかな時間をARで完全再現。

アニメ『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』のヒロインである「ほしのゆめみ」の3DCGフィギュアを、ARによって現実空間に飾れる。

ARフィギュアは、ポーズを細部までこだわって作り込むことができ、等身大サイズにして自分の隣に居るかのように設置したり、卓上サイズや手のひらサイズにして鑑賞するなど自由に楽しめる。

例えば、外出先で一緒に出かけているかのようなシチュエーションで撮影したりすることも可能である。

 

TGS2018でARフィギュア「ほしのゆめみ」を先行体験

【TGS2018】ARフィギュア「ほしのゆめみ」HoloModels先行体験

「ほしのゆめみ」が貴方の目の前に登場する体験をしてみよう。

東京ゲームショウ2018(Gugenkaブース)の「HoloModels体験コーナー」にてARフィギュア「ほしのゆめみ」を実際に遊べる体験会を開催。

また「イエナさん」も1/1スケールで表示可能なので参加者は要チェック。

 

『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』とは?

世界大戦の影響で、人々から見捨てられた街【封印都市】。

そこに、まだ見ぬお宝を発見するため単独で潜入している男“屑屋”。

探索中、都市を徘徊する戦闘機械に追われ、廃墟と化したデパートのプラネタリウムに迷い込んだ。

そこには、少女の形をしたロボットがいた。彼女の名前は“ほしのゆめみ”。

突然現れたロボットに警戒する屑屋だが、ゆめみは彼に、すでにこの世界では見ることができなくなった「星空」を見せると言い......。

 

HoloModels とは?

3DCGで描かれたアニメのARフィギュアを飾れるiOS専用スマホARアプリ。Appleの「ARKit」による空間認識を使用している。

ARKitの平面認識によって床やテーブルにぴったりと設置することが可能だ。飾ったARフィギュアは、360°鑑賞することができ、目の前にキャラク ターが居るかのように体験出来る。

アプリ名 HoloModels™(ホロモデル)
価格 アプリ無料(App Store)
対応端末 iOS11以上、iPhone6s以上のARKit対応デバイス
Web HoloModels™公式サイト

 

「HoloModels」に関する記事


©VisualArt's / Key / planetarian project
© HoloModelsTM / © Gugenka®

Source:HoloModels『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』詳細ページ

  • この記事を書いた人

霞 与太

VRさんぽの中の人。自由気ままな旅人。

-AR
-, , ,

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.