プラネタリアン「ほしのゆめみ」のデジタルフィギュア

AR

【プラネタリアン】デジタルフィギュア「ほしのゆめみ」がC95にて先行販売

この記事のポイント

  • HoloModelsが「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」とコラボ
  • ヒロイン「ほしのゆめみ」のデジタルフィギュアが冬コミ(C95)にて先行販売される
  • ブースは、ビジュアルアーツ(東7ホール企業ブースNo.7421)

xR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリを制作するGugenka®は、AR技術によって3DCGのデジタルフィギュアを現実世界に飾れるスマホアプリ「HoloModels」と、キネティックノべル「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」とのコラボを実施。

ヒロイン「ほしのゆめみ」のデジタルフィギュアは冬コミ(C95)にて先行販売される。

 

冬コミにて、コラボフィギュア「ほしのゆめみ」発売

冬コミ(C95)ARフィギュア「ほしのゆめみ」

2018年12月29日(土)〜31日(月)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される冬コミにて、デジタルフィギュア「ほしのゆめみ」をアプリに追加できるシリアルコードを販売する。

目の前に「ほしのゆめみ」がいるかのように表示でき、ポーズもミリ単位で作成可能。

デジタルフィギュアの入手方法

step
1
ビジュアルアーツブース(東7ホール:No.7421)にて、シリアルコードを購入

step
2
HoloModels webストア」に新規登録 or ログイン

step
3
デジタルフィギュア「ほしのゆめみ」販売ページでコードを入力

step
4
アプリ「HoloModels」を起動し、webストアと連携

 

デジタルフィギュア「ほしのゆめみ」の特徴

プラネタリアン「ほしのゆめみ」デジタルフィギュアの特徴

セット内容

デジタルフィギュア「ほしのゆめみ」には、手に持たせることができる「鉄くずの花束」、実寸大の表示も可能な「イエナさん」がセットとなる。

フィギュアの仕様

関節の可動域に制限のない「スタンダード」が採用。

表情は、目が6種類・眉が7種類・口が18種類用意されており、微調整も可能。

 

プラネタリアン「ほしのゆめみ」の商品概要

販売価格 冬コミ特別価格 3,700円(税込み)
販売期間 2018年12月29日(土)〜31日(月)
会場 東京ビッグサイト
ブース ビジュアルアーツ(東7ホール企業ブースNo.7421)
Web ビジュアルアーツ冬コミ特設サイト

※冬コミ終了後は「HoloModels webストア」にて3,780円(税込み)で販売予定

 

HoloModels とは

HoloModelsロゴ

3DCGで描かれたアニメのデジタルフィギュアを飾れるiOS専用スマホアプリ。

デジタルフィギュアはスプレーによる操作でポーズや表情も思いのままに作り込める。勿論フィギュアのサイズを変更して好きな場所に飾ることも可能。

ARKitの平面認識によって床やテーブルにピッタリと設置出来たり、近づいたり回り込んだり360°鑑賞することも楽しめる。

アプリ HoloModels(ホロモデル)
価格 無料(App Store)
対応端末 iPhone6s以上のARKit対応デバイス
Web HoloModels™公式サイト
さらに詳しく
HolomodelsアプリAndroid版リリース
HoloModelsのAndroid版が登場!ARで等身大アニメキャラのフィギュアを楽しもう

続きを見る


©VisualArt's / Key
© HoloModelsTM / © Gugenka®

Source:HoloModels「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」コラボ詳細ページ

最新情報はSNSで!

Twitter

 

  • この記事を書いた人

VRさんぽ編集部

運営者(霞):旅行からVRネタなど幅広くを書いてます。

-AR
-,

Copyright© VRさんぽ , 2020 All Rights Reserved.