VR

NTTグループが提供する自動応答可能なAIアバターに「MakeAvatar」を起用

「NTT DOOR バーチャルサロン」AIアバター起用

株式会社Gugenkaは、NTTが提供するVR空間プラットフォーム「DOOR™」のバーチャルサロンにて、技術協力とAIアバターを活用したキャラクターの提供を開始しました。今後さらなるサービス品質の向上および新たな付加価値の提供をめざします。

sponsored

「NTT DOORバーチャルサロン」とは

NTT DOOR バーチャルサロン

「NTT DOOR バーチャルサロン」は、NTT TOWN内にあるルームの一つで、様々なサービスを楽しめるバーチャル空間です。今回、AIアバターを活用した自動受付応対の取り組みも開始しました。

本取り組みでは、NTTグループが開発したAIアバターによりサロン内におけるコンテンツの説明、音声情報、顔の表情や声の抑揚などといったノンバーバル情報も統合学習し対話応答することが可能となっています。

AIアバターの技術協力

AIアバターの技術協力「MakeAvatar」

DOOR バーチャルサロンにおける技術協力の他、AIアバターキャラクターは「MakeAvatar」の3Dモデルを起用しています。コンシェルジュ衣装を着用したアバターがルーム内にあるコンテンツを説明し、会話を体験することができます。

関連記事
MakeAvatar、VRChatと連携開始!
MakeAvatar、VRChatと連携開始!新ブランド「Mochipoly」も本日発売
  • この記事を書いた人
blank

VRさんぽ編集部

散歩サイト「VRさんぽ」。旅行以外にもVR、AR、VTuberなど幅広く配信中!

-VR
-, ,

Copyright © VRさんぽ , All Rights Reserved.