ARフィギュア「ゲゲゲの鬼太郎・目玉おやじ・ねこ娘」

AR

ARフィギュア「ゲゲゲの鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」発売|HoloModels

投稿日:

この記事のポイント

  • スマホARアプリ『HoloModels』とアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のコラボ第1弾
  • ARフィギュアは「ゲゲゲの鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」の3キャラクターが発売
  • 東京ゲームショウ2018では、実際に動かせる体験会を実施

スマホARアプリ『HoloModels』とアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のコラボ第1弾!

本日2018年9月20日よりARフィギュア「ゲゲゲの鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」の3キャラクターが発売。

「目玉おやじ」はアニメ同様、頭の上や肩にも乗るぞ!

 

ARフィギュア「ゲゲゲの鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」

ARフィギュア「ゲゲゲの鬼太郎」

「ゲゲゲの鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」のARフィギュアは、等身大にして現実世界に溶け込むように設置したり、卓上サイズにして鑑賞するなど大きさを変更することが可能だ。

ARフィギュア「ねこ娘」

ARフィギュア「目玉おやじ」

また指までのミリ単位でポーズを調節や表情も変更できる為、自分の好きなシチュエーションを再現することが可能。

「目玉おやじ」は他のARフィギュアの頭や肩などに乗せることもできるため、様々な組み合わせが楽しめるぞ。

アプリ価格無料
ARフィギュア価格
  • 「ゲゲゲの鬼太郎」:3,780円(税込)
  •  「目玉おやじ」:1,620円(税込)
  • 「ねこ娘」:3,780円(税込)
Web(購入)

 

『ゲゲゲの鬼太郎』xRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」

アニメ化50周年を記念し、東映アニメーション株式会社・Gugenka®・株式会社ダイナモピクチャーズは『ゲゲゲの鬼太郎』xR(AR/VR/MR)デジタルアートプロジェクト「魂とアート」を発表。

また東京ゲームショウ2018のGugenkaブースでは、実際にARフィギュアを動かせる体験会も開催。詳細は下記記事を参照。

詳細
『ゲゲゲの鬼太郎』VR魂の送り火
「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ化50周年記念!妖怪の世界をVR・ARで体験

続きを見る

 

HoloModels とは?

3DCGで描かれたアニメのARフィギュアを飾れるiOS専用スマホARアプリ。Appleの「ARKit」による空間認識を使用している。

ARKitの平面認識によって床やテーブルにぴったりと設置することが可能だ。飾ったARフィギュアは、360°鑑賞することができ、目の前にキャラク ターが居るかのように体験出来る。

アプリ名HoloModels™(ホロモデル)
価格アプリ無料(App Store)
対応端末iOS11以上、iPhone6s以上のARKit対応デバイス
WebHoloModels™公式サイト

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
©HoloModelsTM/©Gugenka®

Source:HoloModels「ゲゲゲの鬼太郎」

  • この記事を書いた人

霞 与太

VRさんぽの中の人。自由気ままな旅人。

-AR
-, ,

Copyright© VRさんぽ , 2019 All Rights Reserved.