VR

バーチャル世界で遊べる「ソーシャルVR」サービス5選!次に流行りそうな新しいSNS

インターネットの普及により現在では生活の一部にもなっているSNSサービス。

2021年はClubhouseブームが来ていますが、次に流行りそうなのは「ソーシャルVR」ではないでしょうか。日本国内でも利用者が増加傾向となっており、仮想世界の中で遊べる最先端なサービスとなっています。

この記事では、これから始める方にピッタリなソーシャルVRについて紹介していきます。

国内外で大人気のソーシャルVR「VRChat」

ソーシャルVR「VRChat」の紹介

好きなキャラクターアバターで、様々な世界を体験できる「VRChat」。

コミュニティが作成したワールド数は25000を超え、複数のユーザーとコミュニケーションを取る事が出来ます。その他にもバーチャルショップ同人誌即売会の「VKet」など、様々なVRイベント運営にも活用されいる。

※現在SteamのVRChatは早期アクセス版です。またVR HMDが無くてもPCのみでも楽しめます。

サービス名 VRChat
プラットフォーム SteamVR(Oculus、viveなど)、PC(Windows)
WEB VRChat公式サイト

 

WEBブラウザで体験可能なVRプラットフォーム​「Mozilla Hubs」

ソーシャルVR「Mozilla Hubs」の紹介

Mozilla社から提供しているソーシャルVR「Hubs(ハブズ)」。

専用アプリやアカウント登録不要で、Webブラウザから誰でも簡単に参加する事ができるのが特徴です。最近ではHubsを利用したVRイベント手軽に商用利用可能な「DOOR」など国内でも利用者が増えてきています。

サービス名 Firefox Hubs
プラットフォーム WEBブラウザ(VRデバイス、PC、スマートフォン)
WEB Mozilla Hubs公式サイト

 

イベントやライブも楽しめるバーチャルSNS「cluster」

ソーシャルVR「cluster」の紹介

マルチプラットフォーム対応しているバーチャルSNS「cluster(クラスター)」。

音楽ライブやイベントなど、いつでも参加できるバーチャルワールドでチャットやゲームを楽しむ事が出来ます。昨年は渋谷区公認の自宅で楽しめる「渋谷ハロウィン」のワールドが話題になりました。

またデフォルトアバターだけでなく、アプリ「REALITY」で作成したアバターを導入する事も可能です。

サービス名 Cluster
プラットフォーム iOS、Android、PC(Win、Mac)、Oculus、Vive
WEB バーチャルSNS「cluster」公式サイト

 

マルチプレイで遊べるVRソーシャルゲーム「Rec Room」

blank

Rec Room Incから提供しているソーシャルVR「Rec Room」。

ユーザー同士で一緒にマルチプレイを楽しむことは勿論のこと、個人で制作したコンテンツの販売も可能です。また対応プラットフォームには、PC版(Steam)やスマートフォンアプリ版もありますのでクロスプレイで遊べます。

サービス名 Rec Room
プラットフォーム iOS、Xbox、PlayStation、Oculus、Steam
WEB Rec Room公式サイト

 

大手SNSサービスが運営する「Facebook Horizon」

blank

「Spaces」と「Oculus Rooms」に続く新しいソーシャルVRサービス「Facebook Horizon」。

ホライズンの特徴は、仮想ワールドの参加者と一緒にゲームで遊んだり交流したりする事が出来ます。現在β版の提供になりますので、事前にOculus公式サイトにて登録が必要になります。

サービス名 Facebook Horizon
プラットフォーム Oculus
WEB Facebook Horizon | Oculus公式サイト

 

VR向けPCについて
VRを遊ぶ為に必要なPCスペック
ようこそVRの世界へ!PCの推奨スペックについて調べてみた
  • この記事を書いた人
blank

VRさんぽ編集部

散歩サイト「VRさんぽ」。旅行以外にもVR、AR、VTuberなど幅広く配信中!

-VR
-,

© 2021 VRさんぽ